~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

あなたの肌タイプはどれですか?とのアンケートになんと70%もの女性が敏感肌と答えました。これほど多くの人が敏感肌だとしたら。。。それって異常事態!!どうしてこんなことになったのかなぁ??

「敏感肌、薄い肌=私の肌は健康ではありません」と言ってるようなもの

「お客様は敏感肌なので、こちらの化粧品がおすすめです。」と言えば、高い化粧品を売りやすい。
コスメ業界ではこんなことが言われてるとか。

中身が大して変わらない化粧品を高い値段で売れるなら化粧品会社としては嬉しい事ですね。
化粧品って、値段に響くほどは中身は変わらないじゃないか?と思う製品が多いのも事実です。

近年になって敏感肌コスメはやけに増えています。
そして自称敏感肌が急増してると言われていますが。。。

そもそも敏感肌って何でしょう??

敏感肌とは、
「肌のバリア機能が低く乾燥している。角質層が薄い肌」などのことを言います。

過去記事でも書いていますが、角質層の状態は見た目の美しさを大きく左右します。
その角質層が薄く、乾燥していてバリア機能が低い。のが敏感肌。

角質層の状態が悪いのですから、とても健全な肌とは言えないし、美しい肌とも言えません。。
「敏感肌=私の肌は健康ではありません。」と言ってるようなものなのです。

ところが、敏感肌だ。薄い肌だ。というと喜ぶ女性は多いそうです。
か弱い肌のイメージが嬉しい気持ちも分かりますが、自分の肌状態を正しく判断しないときれいになるチャンスを逃してしまいます。。

勘違い敏感肌が急増中。お肌を綺麗にするチャンス逃していませんか?

生まれ持って敏感肌の人はいます。
アトピーだったり、アレルギー体質の人に多く、角質層のセラミドを上手く生成できなかったり、アレルギー物質との接触などで肌が荒れやすいのも特徴です。

生まれ持っての敏感肌の持ち主は、
食生活・生活習慣・皮膚につけるものに気を使って症状が緩和されることはあっても、持って生まれた肌質そのものを変えることは簡単にはできないのだろうと思います。

我が家の次女もアレルギー体質で生まれながらのセンシティブスキンです。
肌は大変ゆらぎやすく、乾燥、炎症、かゆみが出やすいです。
子供なので化粧品はもちろん使っていません。シンプルな保湿剤や薬のみです。

一方、勘違い敏感肌は、改善が可能だったり対処も比較的容易です。

例えば、

●一時的に敏感肌になったことがある

●過去に化粧品でピリピリしたことがある

●間違ったスキンケアで敏感肌を作った

こういう肌の事を勘違い敏感肌と言います。

●一時的に敏感肌になったことがある

肌の状態は常に一定ではないので、一時的な敏感肌は敏感肌とはいいません。
たまに敏感に傾くときもあります。免疫が落ちた時とか。生理前とかある程度は仕方ありません。

●過去に化粧品でピリピリしたことがある

化粧品のある特定の物質に肌が反応する人もいますが、
これも敏感肌と言うほどでもなく対象の物質を避ければOKです。
例えば、メロンを食べると舌がひりひりする人をアレルギー体質。とまでは言わないのと同じ感覚です。

最も多い勘違い敏感肌は間違ったスキンケアで敏感肌を作った人

●間違ったスキンケアで敏感肌を作った

急増してると言われてるのが、
間違ったスキンケアで敏感肌を作っている人達です。
とても残念な事なのですが、私もこれに該当してた人です。
特徴は、生まれながらではなくある年齢から敏感肌になることです。

近年の皮膚科学会では化粧品の間違った使用で肌老化が進む。とか、
化粧品の間違った使用による肌荒れや敏感肌の急増が言われるようになりました。

若いころは、肌の再生スピードも速いので誤魔化し誤魔化し過ごしていけますが、
20代後半頃から少しずつ肌の再生スピードも衰え、ダメージが目に見えるようになってきます。

肌の構造を理解してスキンケアをする人はあまりいません。間違うのも必然といえば必然。。。
化粧品会社の提唱する美容法は、皮膚科学の観点からすると必ずしも正しいものではないのです。

乾燥肌や敏感肌はそれだけで人よりも老けて見えると言われています。
ただでも肌老化が気になる年齢に敏感肌になってしまうのは避けたいところ。
自分の肌質をきちんと見極めて正しいスキンケアをすることはとっても大切なことなんです。

勘違い敏感肌の対処法ときれいな肌を手に入れる方法

皮膚科医によれば、多くの人はいわゆる敏感肌ではないとのこと。
大抵の場合、
●生活習慣を見直し、肌のリズムを整える。
●反応する特定の物質を避ける。
●間違ったスキンケアを辞める。
これで解消できます。
生理前などの一時的な肌のゆらぎも肌力が底上げされれば、小さなゆらぎになります。

幸い、最も多いといわれる間違ったスキンケアで敏感肌を作ってしまった人は、
スキンケアの見直しで容易に今より綺麗な肌を手に入れられます。

ただし、正しいスキンケアのやり方は簡単ですが、肌の回復にはそれなりに時間がかかります。
肌を傷めつけてきた期間が長いほど回復には時間がかかると言われています。

私の場合、スキンケアを見直して3ヵ月頃から目に見える変化を感じられるようになりました。
今、10ヶ月目ですが現在進行形で肌は回復しています。

肌の回復は、1ヶ月、3ヵ月、半年の長いスパンで見る必要があります。
でも、間違ったスキンケアを続けた友人とあなたの肌の差は5年後、10年後には大きな差となって現れるはず。
ちょっとがんばってみませんか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA