~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

残暑のリゾート、秋の行楽でも油断大敵!おすすめの紫外線対策グッズはこちら①!

行楽のシーズン秋が近づいて来ましたが、まだまだ紫外線は強く、長時間外に出るときは内から外から紫外線対策をしたいところ。

ということで、夏のリゾート、秋の行楽におすすめの紫外線対策アイテムをご紹介しますね。

必要悪の日焼け止めは、シーン別に使い分けがおすすめです

紫外線はお肌の大敵。そんな紫外線から肌を守る日焼け止めも肌に負担となるため、いわば必要悪。ということで、肌負担を軽減するため使い分けをしています。

基本的には同じような作りであれば、SPFが高くなるほど肌への負担は高くなります。あとウォータープルーフのほうが負担が大きいです。

今年の夏の旅行では、以下の4種類の日焼け止めをシーン別に使い分けました。

左から順に、

  1. エトヴォスのミネラルUVボデイミルク SPF50 PA+++:長時間外を出歩く日用
  2. エトヴォスのミネラルUVホワイトセラム SPF35 PA++:日常用
  3. キュレルUVローション SPF50+ PA+++:川遊び用
  4. エトヴォスのミネラルUVパクト SPF50 PA++++:日常用、仕上げ用

エトヴォスのミネラルUVボディミルクはSFP50ですが水に弱いようなので、どこでも買えるキュレルを川遊び用に買い足しました。

キュレルはウォータープルーフではありませんが、ウォータープルーフは肌がかなり疲れるので今回は使用せず…

川遊び中は常にUVカットの帽子、ラッシュガード、トレンカ、手袋で全身を覆い(けが予防にもなります)、顔はこまめに日焼け止めを塗りなおして対策。川遊びはこれで十分でしたよ。

紫外線はお肌の大敵ですが、SPFの高い日焼け止めは肌への負担が高くなるので、他の方法を組み合わせたり、シーン別の使い分けをおすすめします。

紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを選ぶ

基本的に日焼け止めは肌負担の大きい紫外線吸収剤を使っていないものを選ぶようにしています。

全成分表示を見て選ぶのは大変なので、紫外線吸収剤不使用と書かれたものを選ぶと簡単ですよ♪今回ご紹介している日焼け止めはもちろん、紫外線吸収剤を使っていません。

肌が乾燥しにくく、子供もお気に入りのエトヴォスUVシリーズ

エトヴォスの日焼け止めは、ちょっとお値段しますが、肌が乾きにくく子供も気に入って使ってくれます。

ミネラルUVボディミルクに関しては、SPF50という高い数を出しながらも、乾燥や肌荒れしにくいのはさすがのエトヴォス。

SPF30のミネラルUVホワイトセラムは保湿力が高く、ブルーライトにも対応しており普段使いにぴったりです。

ミネラルUVパクトは粉なのでSFP50も出ないと思っていて、普段づかいをメインにしています。SPFを計測する際の量が決められているのですが、粉の場合、普通には塗り切れないような量なんですよね…

エトヴォスの隠れた銘品!SPF50の肌負担を軽くするモイストバリアクリーム

SPFの高い日焼け止めを連日使用していると…「痒みやヒリツキ」が出てくることもありますよね。

連日、SPF50を使うようなときは、私も子供も下地にモイストバリアクリームを使っています。これ、秋冬の肌が荒れやすい時期にも使えてすごく良いですよ!

モイストバリアクリームは、肌の表面にベールを作ることで花粉、PM2.5、ハウスダスト、乾燥などから肌を守るとともに、最強の保湿成分であるヒト型セラミドで肌を潤します。

メイクをしているときの日焼け止めの塗りなおしはどうするの??

私は、メイクの上からそのまま日焼け止めを塗りなおしています。肌が乾燥するな?と思うときは保湿もそのまま上から。

ミネラルメイクだからでしょうか?上から塗っても、もそれほど汚くなりません。ただ、塗りなおし必須と分かっているときは、チークなどの色物は薄めに塗るようにしています。

日焼け止めもささっと落とせるテラクオーレのダマスクローズクレンジングミルク

エトヴォスはミネラルメイクブランドではありますが、しっかりメイクできる反面、普通の石鹸だと「落ちてるかな?」と少しストレスに感じることもあり、特に子供は嫌がりますよね。

私は、ささっと落ちて肌負担を感じにくいテラクオーレのダマスクローズクレンジングミルクを使っています。

テラクオーレのダマスクローズクレンジングミルクは石鹸成分できており、乾いた肌に使うとクレンジング並みの洗浄力ですが、水を混ぜると洗顔料レベルになります。

ミネラルメイクやクレンジング不要の日焼け止めであれば、水を混ぜて洗顔として使うと丁度よいです。クレンジングとして使うと洗浄力が高すぎるので注意してくださいね。

まとめ

あれもこれも用意するのは…と思いがちですが、結局のところ使い分けをする方が肌への負担は軽くなり、プラスになると思っています。

帽子や日傘、サングラスを併用することでSPFを下げることもできるので、日ごろから活用しています。私が使っているサンバリア100の日傘は紫外線100%カットできておすすめですよ!

今回は、外からの紫外線ケアアイテムをご紹介しましたが、インナーケアアイテムを次の記事でご紹介しますね。抗酸化のインナーケアは、年中行うことでアンチエイジング効果が期待できますよ。

エトヴォスの仕上げパウダーはこちら↓
>>>etvos 仕上げ・日焼け止めパウダー

秋の肌にもおすすめエトヴォスのモイストバリアクリーむはこちら↓
>>>etvos モイストバリアケア

ミネラルメイクをするっと落とせて負担も軽いクレンジングミルクはこちら↓
>>>terracuore ダマスクローズクレンジングミルク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA