~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

夏場は、ドラッグストアで買えるさっぱりとした洗い心地のお手軽石鹸で良かった人も、そろそろ保湿力の高い石鹸に切り替えるのをお勧めしたい季節がやってきました。

石鹸は原料や作り方によって、洗浄力と保湿力が違うので上手に使い分けてあげれば洗顔後もしっとり肌ですよ。

どうせ洗ってしまうんだから、石鹸の保湿力なんて意味がない?

石鹸については、「洗うものだから洗浄力が大事とか、どうせ洗い流されるんだから石鹸の保湿力なんて意味がない」など色々な意見があります。

私もどっちなんだよ~と散々悩みましたが、色々な石鹸を使ってみた結果、「石鹸は洗えればよい。なんでも同じってことはない」という結論に至りました。

肌が健康になってから、石鹸1つ1つが肌に与える影響の違いがよくわかるようになりました。

乾燥、敏感、肌荒れに悩んでいた頃は、石鹸はどれもヒリヒリして、つっぱるな~と思っていましたが、健康な肌になると、昔のように突っ張らなくなり、洗顔後にしっとり感を感じるものも。

石鹸でヒリツク理由や、突っ張る理由はこちら↓
>>>石鹸も万能ではないのです。欠点を理解して使うかどうかで肌の運命が変わる?

石鹸で洗うと、お肌が弱アルカリに傾き石鹸カスができるため、ヒリツキやつっぱりが起こりますが、お肌が健康になると常在菌の働きで解消が早くなります。

石鹸のメリットと言えば、
①界面活性が肌に残らないこと
②石鹸カスが常在菌の餌になり分解されて保湿成分になること
この2つのメリットが、石鹸の方がお肌に良いと言われる理由ですが、肌環境が健全でない場合は、ただただ乾燥を助長してしまうことも。

敏感肌や乾燥肌、肌荒れ気味の方は、ちょっとした工夫で石鹸の恩恵を受けられるので後ほどご紹介しますね。

石鹸は、材料や製造方法によって、保湿成分となる脂肪酸の種類や、グリセリンの量が異なるので、季節・肌による使い分けが必要です。

では、秋冬におすすめの石鹸をご紹介します。

丁寧に作られたエトヴォスのセラミド配合クリアソープバー

贅沢にも最強の保湿成分と言われるヒト型セラミド、リピジュア、シロキクラゲ多糖体などの保湿成分を配合して丁寧に時間を掛けて作られた透明練り石鹸です。

保湿成分配合の効果ってそれほどあるのかな?と疑問に思っていたのですが、洗顔後のしっとり感で実感でき、手早く保湿をすればほぼツッパリを感じない方も多いと思います。

私は、洗顔後も何も塗らないことが多いので、少しつっぱる時間がありますが、すぐに解消しほどよい肌感になりました。この石鹸よいですよ~。

まずは試してみたいという方は、トライアルセット1800円がお得です。トライアルセットについてくるモイスチャーラインもとても良いですよ。
>>>etvos 洗顔・角質ケア
>>>etvos 55%OFFのお得なトライアルキット特設HP

アンティアンのホホバオイルを使った石鹸

販売サイトがちょっぴり見づらいのが残念ですが、個人的にものすご~く好きなのがアンティアンの手作り石鹸です。
アンティアン

麻布十番にお店を構える石鹸屋さんでちょいちょいテレビや雑誌でも紹介されたことがあります。

普段、夜の保湿はしない私も、冬場はさすがに保湿する頻度が増えますが、アンティアンの石鹸に切り替えると、あら不思議。保湿なしでいける~となります。

アンティアンの石鹸の特徴は、石鹸の原料にホホバオイルが使われていることです。 ホホバオイルといえば、皮脂にも含まれるワックス成分を豊富に含み、外部刺激から肌を守ることで有名です。

アンティアンの一番人気は、保湿力の高いラベンダーハニーで私も大好きです(*^_^*)

2番人気は、ベイビー。こちらの方がラベンダーハニーよりも随分とお値段が安く、ラベンダーハニーの成分単純版とでもいったらよいかな?

アンティアンの石鹸は、石鹸そのものの保湿力が非常に高いので、お風呂場においたままにすると水分を吸着して溶けてしまうのが注意点です。 あと、泡はかなりテロテロしていてもこもこ泡立つタイプではありません。

石鹸専門店なだけにオイルや精油の品質にこだわっていて、化粧水や保湿用のオイルも良いですよ(*^_^*)

>>>un Tiens ラベンダーハニー
>>>un Tiens ベイビー
>>>un Tiens お試し石鹸セット

乾燥肌・石鹸好きに絶大な人気のマルセイユ石鹸

マルセイユ石鹸といえば、オリーブオイルで作られた石鹸として有名ですね。
シンシアガーデン マルセイユ石鹸

今回ご紹介するのは、おフランスの老舗石鹸屋さんランパル・ラトゥールのものです。 見た目もおしゃれ。

オリーブオイルと言えば、乾燥肌に不足しがちなオレイン酸を豊富に含み、丁寧に時間をかけて作られた石鹸には保湿成分のグリセリンも豊富です。

しっかり乾燥させて作られているからか?パーム脂肪酸も含んでいるからか?? お風呂においておくだけでドロドロ溶ける~というほどでもなく、扱いやすい方です。

さっぱり感が欲しいけど、しっとりしたい方におすすめですが、香りは。。。あんまりよくないです(笑)

大きいのでナイフでカットして使うのがおすすめ。
シンシアガーデン マルセイユ石鹸

泡はテロテロタイプです。保湿力重視の石鹸は、泡立ちが良くないことも多い気がします。

>>>シンシアガーデン ランパル・ラトゥール マルセイユ石鹸

臭いけどお手頃価格で人気のアレッポの石鹸

個人的には、猛烈な香りで顔に使うのをはばかる日もあるアレッポの石鹸ですが、手作り石鹸としてはお手頃価格で使いやすいです。
アレッポの石鹸

オリーブオイルいっぱい入ってます~!!という色をしていますね。先ほどご紹介したマルセイユ石鹸のようにパーム油などは含んでおらず、オリーブオイルとローレルオイルのみ。
アレッポの石鹸

洗浄力はよりおだやかでよりしっとり感があり、お風呂においておくとすぐに溶けるので、小さくカットして使います。

アレッポの石鹸は、アレッポ地方で作られていれば全てアレッポの石鹸となってしまいますが、品質が製造会社によって違うので注意が必要です。

私は、むぎごころさんでアデル・ファンサ社のものを購入しています。オリーブオイルの質が悪い年は、石鹸を作らないという頑固な老舗です。
>>>楽天 むぎごころ アレッポの石鹸 ノーマル

貴重なローレルオイルを豊富に含むエキストラもありますよ。
>>>楽天 むぎごころ アレッポの石鹸エキストラ

もっこもっこの泡と香りが大好きなルアンルアン

石鹸初心者の方も使いやすいルアンルアンの石鹸です。
ルアンルアン スプラッシュミント

保湿成分が多すぎて固まらないらしく、練り状でスティックに入っています。ジャータイプもありますが、面倒なので私はスティックタイプしか使ったことがありませんが、旅行でもお風呂場でもものすごく便利です!
ルアンルアン スプラッシュミント

もっこもこの泡とハーブの香りが心地よすぎる石鹸で、クレイを含むため汚れもすっきり落ちます。石鹸が苦手な人も使いやすく、友達にプレゼントしても軒並み好評です。

ルアンルアンの詳しい口コミ記事は>>>こちら

>>>Ruam Ruam ミニスティック5本セット

石鹸洗顔のつっぱりを解消する方法

最後に、石鹸で顔を洗うとヒリヒリする。突っ張ると言う方に解消方法をご紹介します。

まず、石鹸を使うとヒリヒリする方。

石鹸は弱アルカリ性なので肌の弱酸性とは違う性質を示します。それがヒリツキの原因となります。肌には本来、弱酸性を維持しようとするアルカリ中和能がありますが、肌の機能が低下しているとヒリツキがなかなか解消できません。まずは、肌に修復の期間を与えてあげるのが良いかと思いますが。。。

石鹸洗顔後に突っ張ってしまう方は、まずは以下のルールを守ると違いが実感できるようになると思います。
●湯温32~35度
●必要最低限の時間
●摩擦をかけない
●丁寧にやさしくすすぐ

洗顔後に、弱酸性化粧水をつけると、石鹸の弱アルカリを強制的に中和できます。

へちま化粧水は、弱酸性化粧水として有名です。ネオナチュラルのヒーリングローションは、価格もお手頃で使用感も良いのでおすすめですよ。

>>>neo natural ヒーリングローション

ネオナチュラル ヒーリングローションの詳しい口コミ記事は>>>こちら

私の部屋のへちま水も有名ですね。
>>>neo natural 私の部屋 へちま化粧水

関連記事

    •  
    • 2015年 4月 15日

    無駄な改行が多くて読みにくいです。

      • maman
      • 2015年 4月 20日

      記事が読みにくい状態になっていてごめんなさい。サイトのデザインを一新する前の記事の改行が間延びした状態になっていました。遅くなりましたがようやく対処が完了しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA