~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

実は、夏よりも紫外線ダメージが大きい!?今すぐに始めたい春の紫外線対策!

そろそろ紫外線対策が気になるシーズンになってきました。ある意味、春は夏よりも紫外線ダメージを受けやすい季節で注意が必要です。

私も日傘を差し、愛用の紫外線対策コスメで紫外線対策を始めましたよー。春の紫外線が要注意だと言われる理由と、私なりの紫外線対策に対する考えをご紹介します。

夏よりも春の紫外線に注意したい理由

紫外線対策は、夏よりも春の方が注意が必要だと言われています。

3月の紫外線は9月の紫外線量と同じくらいだと言われていますが、この時期の肌は、冬の間紫外線にあまり当たっていない白い肌です。

すなわち、紫外線から守るメラニンが少ない肌なので、急に強い紫外線に当たるとシミが出来やすく、よりダメージを受けやすいです。

春の紫外線対策は、肌老化を防ぐ意味では夏よりも重要です。

春は気候が良いのでうっかり紫外線に当たってしまいがち。レジャーも増えるシーズンなので気をつけたいですね。

春って肌がダメージを受ける要素がいっぱいなのです(^_^;)

春〜夏の長期戦だから肌負担と紫外線防止効果を見極めて適切なアイテム選びを!

SPFが高いものならいつでもどこでも使えて日焼け止め1本で済みそうですが、SPFは高ければ良いというものでもありません。

SPF50の日焼け止めクリームを日常的に使う人が注意したいこと。ただの肌負担になってませんか?』の記事でも書いたようにSPFが高くなると日焼け止めクリームから受ける肌負担も大きくなります。

日常生活ではSPF20くらいで良いと言われてる上に、SPF30を超えると紫外線防止効果は横ばいに近くなり差がなくなっていきます。

紫外線から肌を守りたいけれど日焼け止めで荒れるのはOK!ではないですよね?できれば、紫外線を防いで日焼け止めの肌負担は最低限にしたいはず。きちんと塗れるならSPFは30もあれば十分なんです。

私の日焼止めアイテム使い分け

最近は、日焼け止めクリームの肌負担を気にする人も増えてきたので、日焼け止めクリームも肌が荒れにくいものが増えてきました。

私が普段の通勤で一番愛用している日焼け止めクリームは、HANAオーガニックのウェアルーUV(SPF30/PA++)です。保湿力があるのでオイリー肌の人は合わないかもしれませんが、乾燥~普通肌の人にはおすすめです。
HANAオーガニック ウェアルーUV ウェアルーパウダー

ウェアルーUVにUVカット効果のあるパウダーを重ねたりもします。今年もエトヴォスの限定UVパウダーが届くのを楽しみにしています(*^_^*)

ちなみに、今年はエトヴォスからも日焼け止めクリームが出るようですよ。

皮脂が増える夏場は、通勤程度であればタイムレスミネラルファンデーション(SPF26/PA++)&UVパウダーをしっかり塗って、日傘を差して日焼け止めは塗らない事も多いです。
etvos クリスマスコフレ2014

一般論ですが、水分を含むと防腐剤が必要になったり油分が増えるので肌負担が増えてしまうケースも。中に入っている成分とSPFなどを考慮して肌の状態を見ながら選べるのが理想です。

あとは、どれだけしっかり塗る必要があるか?を考慮して場面ごとにアイテムの質感を使い分けること。表示のSPFを出すにはかなりしっかり塗りこまないといけません。がっつりレジャーなら粉タイプよりもクリームタイプのSPF30をしっかり塗る方が現実的です。

HANAオーガニックのウェアルーUVは防腐剤は入っていませんが油分はそれなりに入っています。冬場は丁度良いのですが、夏場は事前の保湿量を減らすなどして油分の塗りすぎに注意して使っています。

今年はどんな日焼け止めが出てくるのか楽しみです(*^_^*)

>>>HANAオーガニック ウェアルーUV
>>>etvos タイムレスミネラルファンデーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA