~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

どうせ食べるなら綺麗になるおやつ。ザクロコラーゲンゼリーでエイジングも更年期もさよなら!

みなさん、おやつ食べてますか?私は、パソコンで仕事をしているとどうしても何かを口にしたくなります。

でも、基本的に間食は、美容とダイエットの大敵だったりするんですよね。

どうせ食べるなら、体に良いおやつ、綺麗になるおやつを食べませんか?ということで、ただものとは思えないこだわりいっぱいのザクロコラーゲンゼリーをお試しさせて頂きました(*^^*)

夜がメインになりがちなインナーケアを昼にも実行可能にするザクロコラーゲンゼリー

私は、様々なインナーケアを試していますが、大抵の場合、夜、寝る前にサプリメントを摂ります。日中出来るだけ疲れたくない。といった目的によっては、朝、摂ることもあります。

でも、可能であればお昼間も不足した栄養素を補ってエイジングケアやツヤ肌維持に努めるに越したことはありませんよね。

年齢不詳のツヤ肌を持つ藤原紀香さんは、1日何度かコラーゲンを摂取すると聞いたことがありますし。。。

ザクロコラーゲンゼリーは持ち運びも可能で昼間のおやつ代わりに気軽に摂取できるのも良いところです(*^_^*)
SECOND SEASON ザクロコラーゲンゼリー

スーパーフルーツザクロを始め、盛りだくさんの美人栄養素が配合されています

SECOND SEASONの社長さんは、女性のトータルケアを目指したブランド作りをしています。

以前、シャンプーをご紹介したことがあり、シャンプーにコラーゲンゼリー??と思ったりもしたのですが、コラーゲンゼリーもシャンプーもぎっちりこだわりが詰まっています。
secondseason シャンプー

SECOND SEASONのコラーゲンゼリーは大人女子トータルケアを目指したゼリーという感じで、「エイジングに悩む30代~更年期の始まる女性まで幅広くケアしたい!」という気持ちがつまった感じ。
secondseason ザクロコラーゲンぜリー

盛りだくさん。。。

*ザクロコラーゲンゼリー1つに含まれる栄養素*
●老化の原因酸化を防ぐ抗酸化成分を豊富に配合
●ツヤやハリの材料となるコラーゲン、エラスチン、コンドロイチン、ヒアルロン酸配合
●女性ホルモンを助けるスーパフルーツザクロを配合
●若返り遺伝子を起動させるレスべラトロール
●腸内環境を整えるオリゴ糖、乳酸菌を配合
●馬プラセンタエキスを配合
●不足しがちなミネラルケイ素を配合

30代以降の女性が悩むエイジングに関する問題に対抗できる栄養素が盛りだくさんで、これだけ配合したら大抵の悩みは軽減されるんじゃ?と思ったり(笑)

ザクロについて調べていたら、抗糖化の作用もあるということで、ザクロに俄然興味が出てきました。ザクロ酢が流行っているのも納得!

ザクロのあまずっぱい酸味がある固めのゼリー

ザクロコラーゲンゼリーの味は、ザクロが配合されているだけあって甘酸っぱい味になりますが、コラーゲンやプラセンタ配合食品にありがちな強い癖はなく食べやすいと思います。
secondseason ザクロコラーゲンゼリー

私は酸っぱいものも結構好きなので美味しくいただけています。それでいて、甘みもあるので小腹が減ったときにぴったり。

そのまま食べても良いですが、ヨーグルトやスムージーに混ぜて朝食にすることもできます(*^_^*)

1日の摂取目安は1~3本ということですが、夜はそっけないサプリメントをささっと摂取する派の私は、昼間に1本追加したいところ。

でも、夜に摂取したらはっきりと疲れが取れた~とか、肌のつやが良い!という変化を感じれるんじゃないかなぁ?と思います。

昼間の場合は、肌が再生しないこともあり、表だった変化を感じにくいですが、ザクロコラーゲンゼリーを摂取していると昼間の職場ストレスで疲弊する体と肌が疲れにくい気がします。

まとめ

SECOND SEASONのザクロコラーゲンゼリーは30本で9800円(税抜き)します。

最初、「ゼリーにしては高い~!!」と思ったのですが、ゼリーというよりはトータルケアサプリメントです。お安いコラーゲンゼリーもよく販売されていますが、中身へのこだわりが違うことが調べていてわかりました。

1本で小腹も満たしたい、エイジングに関する悩み全般をケアしたいという人にはおすすめです。

10本のお試しも用意されていますよ(*^_^*)

>>>SECOND SEASONザクロコラーゲンゼリー10本お試し
>>>SECOND SEASONザクロコラーゲンゼリー
>>>SEOND SEASONザクロコラーゲンゼリー徳用100本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA