~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

コスメマニアのブログを見てみると、肌質:乾燥肌、敏感肌と言う人多くないですか?
 
 
実は、近年になって間違ったスキンケアで作られた「思いこみ敏感肌」と「思いこみ乾燥肌」が急増中。正しいスキンケアで健康なお肌を取り戻したいですね。

思いこみ乾燥肌、思いこみ敏感肌って何?

年齢を重ねると細胞は衰えていきます。
近年では、「正しいスキンケアを行えれば表皮はほとんど老化しない」ともいわれていますが、
実際は、正しいスキンケアを行えている人は少なく、
紫外線を浴びてしまったり、酸化を進めたり、化粧品の乱用で肌老化が進んでるのが現実です。
 
 
表皮の老化に関する記事はこちら>>>肌とラブル&肌老化を進める原因
 
 
細胞が衰えれば、多かれ少なかれ乾燥肌に向かっていきますが。。。
それにしても20代後半や30代で乾燥や敏感を訴える人が多い!!
 
 
生まれながらの「敏感肌」「乾燥肌」ではなく、
間違ったスキンケアで肌を傷めている人のことを
「思いこみ敏感肌」「思いこみ乾燥肌」
と言います。

特に肌を傷めるアイテムがこれ!

間違ったスキンケアがどんなものかを上げればキリがないので、
順を追って記事にしたいと思いますが。。。
 
 
スキンケアの中で最も肌負担が大きく、
簡単に「乾燥肌」「敏感肌」を作り出すのが、
合成界面活性剤た~っぷりのクレンジングです。
 
 
顔の洗い方、基礎化粧品の使い方、と気になる間違ったスキンケアは色々ありますが、
クレンジングは、最もダメージが大きい。。。
 
 

洗濯洗剤で顔を洗う気にはならないですよね? 
洗浄力が高いものって肌へのダメージが大きいんです。
顔用だからと安心しないでくださいね。
メイクという油汚れが一瞬で取れるんですからかなりの洗浄力ですよ。
 
 
私は、クレンジング不要のミネラルメイクをオススメしていますが、
メイク用品一式を変えるのが難しいなら、
せめてクレンジング選びに気を使って欲しいところ。
 
 
極力、合成界面活性剤の少ないものを選ぶこと。
長時間かけて洗わないこと。が重要です。
 
 
クレンジング以外にも肌を傷め、トラブルを作り、
老化を進める間違ったスキンケアはたくさんありますが、
まずはクレンジングを見直すだけでお肌の「乾燥」や「敏感」は随分マシになります。
 
 
大体、1ヶ月くらい続けてみたら変化を感じれるんじゃないかなぁと思うので、
記事を参考にクレンジング選びをしてもらえればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA