~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

【肌が綺麗にならない人の特徴】あっちの美容法、こっちの美容法、あの化粧品、この化粧品とジプシーしてる人。

今回は、酷い肌状態だった1年半前の自分を思い出して、私の独断と偏見も交えつつ、肌が綺麗にならない人の条件の1つについて書いてみたいと思います。

肌が汚かった頃の私がやってしまっていたことです。。。(/_;)

受験もスキンケアも同じ?成果を出すのに大切なこと

受験に成功する勉強法の一つとして、一つの問題集を何度も繰り返す。というのがあります。

色々な問題集を解いたほうが、経験が上がって良さそう!とあれこれ手を出した人は、結局、身に付かずに失敗する傾向に。(私です笑)

この勉強法が意味するところは、1冊のテキストをきちんと理解することです。 わかった気になって終わらせないこと。自分の身につけること。

スキンケアも同じで、「そのスキンケア法の真意を理解できるか?」が重要です。真意が理解できれば、使うアイテムに囚われ過ぎることなく、効果を実感し、スキンケアを楽しめるんじゃないか?と思うんです。

私たちは、皮膚科医でも、化粧品の専門家でもありませんから、理解できることには限りがありますが、大切なポイントだけ理解できれば、大きな間違いはしないはずです。

大切なことを理解できていないと、やり方を間違えたり、自分のライフスタイルや肌に合っていない方法を選択してしまったり。と効果の出にくい道を辿ってしまうのかな?と思います。

スキンケアの傾向はたったの2つ

スキンケア方法の傾向は、大きく分けると2つ。

1つは、素肌を健康にし、素肌の力をあげる。素肌の営みを邪魔しないスキンケア方法です。

極端なものでは肌断食がありますが、シンプルスキンケアや、インナーケアに力をいれる美容法、肌負担の軽いアイテムを選ぶ美容法などがこれに当たります。守りのスキンケアとも言われます。

もう1つは、化粧品や最先端美容の力を積極的に使い、肌の見た目を美しくしていこうというものです。肌の外から与える、働きかける美容法が特徴的で、攻めのスキンケアや、攻めの美容と言われたりします。

どちらが良くて、どちらが悪いというよりも、どちらにも目的とメリットデメリットが存在し、肌質や生活習慣、状況によってメリットとデメリットの比重はかわると思っています。

自分にとってどちらがメリットがあるのか?を見極めるためにも、その美容法のメリットデメリットを理解していないといけないのですが。。。

ジプシーしていた頃の私は、そこまで考えて暮らしていませんでした(/_;)

これでは、デメリットを小さくする方法もわからないし、今、自分が本当に求める手法なのかもわかりません。

だから、大した効果も得られないまま、また、別の美容法が良いらしい!と聞けば、ジプシーしてしまうの繰り返し。

今では、自分にとって譲れないものも分かってきて、自分なりに調べて考えてから試すようになったので、失敗はかなり減りました。

昔より美肌になった私のスキンケアの基本

私のスキンケアの基本は、守りのスキンケアです。肌の土台がしっかりしていなければ、どんな手法を使っても良い効果が得られないと思っているので、まずは、肌を健康に維持することを大事にしています。

1年半ほど前に始めた肌断食に成功してから、化粧品を見る目、選び方、使い方は随分と変わりました。

今は、ほぼ毎日メイクをして会社に行くので、多少のスキンケアをしてはいますが、たっぷりの保湿をしたりパックをすることはほとんどありません。

今でも、1日すっぴんで過ごせる週末は気持ちが良いし、肌の状態も良くなりますが、メイクを一切しない。スキンケアを一切しない生活を送るのは現代女性にはなかなか難しいと思います。

それに、肌のバランスを崩してしまう要因は、私たちの周りにいくらでもあります(+o+) ちょっぴり化粧品で補ってお肌を助けてあげるのが現実的かもしれません。肌の邪魔をしない程度にスキンケアできればいいなと日々思っています。

今後の私のスキンケアが向かっていく先は??

最近、私が迷っているのは肌老化への対処です。
守りのスキンケアは、肌の機能を整え、取り戻してくれます。それだけで、肌は綺麗になりますが、限界もあります。

例えば、定着してしまったシミをとったりは出来ません。(肌の状態がよくなることで、薄くなることはありえます)

この領域をどう解消していくか?が今後の私の課題です。

美肌の基本は、健康な肌です。健康な肌を維持しながら、シミなどに対処していけるのか??

健康な肌を維持する方法を知らないまま、健康な肌を知らないまま、攻めの美容に進むのはちょっともったいないかな?と個人的には思うので、まずは、すっぴんで過ごせば保湿はいらないくらいの肌状態を取り戻すのをおすすめしたいですが。。。

シミが気になって夜も眠れないなら、肌に負担のかかるレーザー治療もハイドロキノンによる美白も、メリットの方が大きいかもしれません。

それなら、デメリットをしっかり理解して、デメリットを小さくできるスキンケアをすればよいと思います。

肌の状態が安定して1年ほど経ち、欲が出てきた自分がいますが、肌が健康になっただけで、キメは整い、毛穴縮み、肌荒れから解消されて随分と心が軽くなりました。

私が、このサイトで紹介している内容は、3人の子供をもつ1人のおばさんが、自分なりに勉強した結果、肌荒れに悩み続けていた昔よりも綺麗になった。という事実を元に紹介している内容にすぎませんが、参考になれば幸いです。

守りに徹した1年が過ぎたので、ここからちょっぴり攻めの美容についても考えてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA