~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

勘違いが汚肌を作る!?「美しく見える肌」と「美しい肌」は違うんです

「美しく見える肌」と「美しい肌」の違いがわかりますか?

お肌の勉強を始める前の私は「美しい肌」をを望みながら「美しく見える肌」を手にしてぬか喜びすることも多々。。
「美しい肌」を知らずして美肌は手に入らない。。。ということで美しい肌とは何かについて書きます。

あなたの勘違いが汚肌を作る!?美しい肌を作る正しい方法

肌トラブルに悩まされ続け、化粧品カウンター、美容皮膚科、美容雑誌などの情報をに振り回されてきた当時の私は、
「基礎化粧品をより良いものに変えることで
もっと入念にスキンケアをすることでこの状況を打破できる」
と信じていました。

心の奥に根付いたこの思いが私を美肌から縁遠いものにしたなぁと今では思います。
今、肌トラブルを抱えているなら一度クリアな気持ちでこの記事を読んでもらえたらな。と思います。

では、大切な事を書きますね。
「美しい肌を作るのは基礎化粧品でもエステでもなく、
あなたから産まれてくる肌細胞と基礎的なスキンケアです。」

基礎的なスキンケアというのは、洗顔、紫外線対策、保湿といった超基本的なことになります。
長くなるので詳しくはまた別の記事に書いていきますね。

美しい肌ってどういう状態のこと?

美しい肌ってどういう肌ですか?と聞かれたら。。。
キメが細かい、色ムラがない、透明感がある、などなど思い浮かぶと思いますが、
それってどういうことかをさらに掘り下げてみると。。。

化粧水をたっぷり染み込ませて潤ってる肌?美白化粧品で美白した肌ですか? 私は、肌の綺麗な人って特別なことをしなくても綺麗な肌なんだと思います。

実は、
「美しい肌とは正常に機能を果たす肌」のことです。突然なんのことやら?でしょうか。。。
肌の役割は外部から体内を守る事。これをバリア機能と言いますが、
「バリア機能の高い肌と見た目にも美しい肌の条件は同じ」なんです。

要するに健康な肌の人=綺麗な肌の人です。
健康な肌をしてるので肌そのものが強くてしなやかでトラブルを起こしにくく、水分保持力も高く見た目にも美しい。

美しい肌を保つには、

  1. 正常なターンオーバ
  2. 高い水分保持能力
  3. 正常な細胞活動

が必要になりますが、これは肌の持つバリア機能を保つ上でも重要な条件。

この条件を満たす化粧品は世の中になかなかありません。
基礎化粧品を塗った直後は潤って美しく見えても、塗るのを辞めたら元通り。
何もしなくても潤った美しい素肌は欲しくないですか?

私が欲しいのは、
保湿剤を使わなくても潤う肌。
自然に正しくターンオーバする肌。
強くて元気に産まれてくる肌細胞。です。

基礎化粧品を使わなくてもエステに通わなくてもこの条件を満たせたら素敵じゃないですか?
簡単には手に入らないけれど、肌の基礎知識を知れば難しいことではないので一度やってみて欲しいな。と思います。

この感覚は間違い?良いと思ってた化粧品が作る肌の機能不全

私は化粧品が大好きです。香りが良かったり、テクスチャーが良かったり、塗った瞬間に肌が潤ってもっちりしたり、幸せな気持ちにしてくれる基礎化粧品は世の中にたくさんあります。

基礎化粧品を使った瞬間に美しい肌が出来上がり。
それって本当に素肌を育てる化粧品ですか?綺麗に見えるだけじゃないですか?

化粧品は選択と使い方を誤るとお肌の機能を低下させてしまいます。
正しい選択をし、正しい使い方をすることが重要ですが、何が正しいのか?は求める答えによって変わります。
化粧品の間違った使い方によるお肌の機能低下に気づきにくいのも問題の一つです。

美しい素肌を手に入れる化粧品の選択方法と使い方をこれからじっくり紹介していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA