~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

私のレスキューコスメ エトヴォス モイスチャーラインはリニューアルして更に良くなりました

普段、シンプルスキンケアの私ですが、強いストレスを受けたり・生活が不規則になったり・強い紫外線に当たると肌が荒れてくることがあります。

そんなとき、肌が傾き切って手がつけられなくなる前に使っているのが、エトヴォスのモイスチャーライン。リニューアルして更に良くなりましたよ(*^_^*)

正直、リニューアルに不安もあったのですが、リニューアルして良かったです!

個人的にかなり好きななアイテムなので、秋冬で肌の調子が悪くなってしまう方にもおすすめしたいです。

セラミド増量でより高保湿になったのにベトつかない

元々、エトヴォスのモイスチャーラインはどちらかというとさっぱりとしたテクスチャーでした。こちらはリニューアル前の写真です↓
etvos セラミディアル

いかにもなしっとり感が少ないので、物足りなく感じる人もいたかもしれませんが、セラミドを配合している関係で角質層はしっかり潤うというアイテムで個人的にはかなり好き。

今回のリニューアルでは、セラミドが増量されどのアイテムもしっとり感が上がっています。特にクリームは保湿力が高くなっているので乾燥がひどい人も頼れるアイテムに(*^_^*)

私は、クリームの出番は今のところあまりありませんが、冬場に突入したらお世話になるかも。

しっとり感が向上し、これだけでもいける?と思える化粧水

化粧水だけの保湿には、賛否両論があります。ほとんどが水で構成されているので逆に肌が乾いてしまうことも多いんですよね。

一方で、エトヴォスのモイスチャライジングローションはとろみのある化粧水でこれだけでいけてしまうのでは?と思うほどのしっとり感を与えてくれます。
etvos モイスチャライジングローション

ヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇るリピジュアや、グルコシルセラミド、ポスカなどが配合されてとろみがあります。
etvos モイスチャライジングローション

*etvos モイスチャライジングローション全成分表示*
水、グリセリン、ラベンダー花水、プロパンジオール、ジグリセリン、BG、1,2-ヘキサンジオール、ホスホリルオリゴ糖Ca、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、PCA-Na、乳酸Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、α-グルカン、ラベンダー花エキス、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、キサンタンガム、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

個人的には、結構好きです。

肌の状態が悪い時って、化粧水はあまり塗りたくないのですが、エトヴォスは安心感があって塗ってしまうんですよね(*^_^*)

これがあれば十分!と思えるイチオシの美容液

私がモイスチャーラインで一番好きなのが、美容液です。油分は多すぎず、程よく保湿もしてくれるので、私は化粧水&美容液で終わらせることが多いです。
etvos モイスチャライジングセラム

人型セラミド・天然保湿因子・ヒアルロン酸など保湿力の高い成分を配合しています。美容液と乳液の中間のようなテクスチャーですよ。
etvos モイスチャライジングセラム

ラベンダーの香りが以前のものより強くなって、セラミドの配合量も増えています。ラベンダーの香りが強くなったので、気になる人もいるかもしれないですね。

セラミドの種類も多くて贅沢。

*etvos モイスチャライジングセラム全成分表示*
水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

いざという時のお守り頼れるモイスチャライジングクリーム

以前のモイスチャライジングシリーズと比べて一番使用感が変わったのがクリームかな?と思います。
etvos モイスチャライジングクリーム

以前のクリームは比較的さっぱりした感じでしたが、リニューアルしてこってりとした重みが加わりました。乾燥してどうにもならないときに頼りになりそうです。
etvos モイスチャライジングクリーム

私は、特に乾燥する部位に部分使いする感じです。
etvos モイスチャライジングクリーム

*etvos モイスチャライジングクリーム全成分表示*
水、シア脂、グリセリン、セテアリルアルコール、メドウフォーム油、ジ(クエン酸/ステアリン酸)ポリグリセリル-3、ラベンダー花水、ベヘニルアルコール、ホホバ種子油、ステアリン酸グリセリル、BG、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パンテノール、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、マカデミア種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コーン油、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ジグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、カプリル酸グリセリル、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

まとめ

全体的にしっとり感アップのリニューアルとなったモイスチャーラインですが、やっぱり好きだな~と思いました。

私の場合、レスキュー的に使うアイテムではありますが、肌が安定しない方はしばらくセラミドを補給して、落ち着くのを待つのもおすすめですよ。

ちなみにトライアルには、クリアソープバーもついてきます(*^_^*)
etvos クリアソープバー

>>>etvos トライアルキット一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA