~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

今年も買ってます!乾燥する季節にアトピーの娘も私も使うエトヴォスのベビーローション

お肌のバランスが崩れやすい秋に突入し、空気が少しずつ乾燥しはじめましたね。

今年の私のお肌は、ストレスを感じている割に調子がよく、ありがたいことに顔は肌荒れとは今のところ無縁。これまでの肌育とインナーケアの継続の賜物♪

一方で、年齢のせいなのか?もともと皮脂分泌の少ない手足の乾燥が気になるようになってきました。

アトピーの娘の肌も乾燥するようになってきたので、今年もエトヴォスのベビーローションを買いましたよ(#^.^#)

最強の保湿物質セラミドを贅沢に配合しつつ低刺激な逸品!

エトヴォスのスキンケアラインにはセラミドを配合したものが数多くあり、このサイトでも何度もご紹介していますが、セラミドはお肌で生成される最強の保湿物質と言われる成分です。

自分の肌でセラミドを生成して十分に維持できるに越したことはないのですが。。

質・量ともに十分に生成できなかったり、日々の生活で不足してしまう場合は外部から補って少し手助けしてあげるとひどい乾燥を防ぐことができます。

ちなみに、質の良いセラミドは原料が高く、中でもエトヴォスが採用しているヒト型セラミドはお値段するそうで、使っているアイテムもそれなりのお値段になることが多く、エトヴォスのベビーローションは120mlで2000円。安くはないです。

全成分表示にあるセラミド1,2,3、6Ⅱがヒト型セラミドになります。

*etvos ベビーローション全成分表示*
水、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ヒアルロン酸Na、シア脂、メドウフォーム油、ステアリン酸、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、ベヘニルアルコール、水添レシチン、キサンタンガム、カルボマー、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルラクチレートNa、ラウロイルラクチレートNa、水酸化Na、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン

エトヴォスのベビーローションは、セラミドに加え、人の肌にも存在するアミノ酸類も配合しており、赤ちゃんが使うことを想定して低刺激になっているのも特徴です。

さらりとした使用感で使いやすく、子供もいやがらない

更に、エトヴォスのベビーローションの特徴は、重さやべとつき感がないこと!さらりとしているので、子供も嫌がりません。

するっと伸びてべとつかないので、とても扱いやすいです。あまりのさっぱり感にこれで保湿できてるの?と思うかもしれませんが、大丈夫。

べとつきが苦手な方にもおすすめです。

まとめ

娘の肌も少しずつ強くなってきて以前よりも購入本数は減りましたが、赤ちゃんや子供には使いやすくて本当におすすめです。

あとは、油分で表面を覆うだけでなく、肌と同じ(といっても合成物なので全く同じではないですが。。)成分で効果的に保湿をしたい方、敏感肌・乾燥肌・インナードライの脂性肌にもおすすめです。

>>>etvos for BABY
>>>etvos 55%OFFのお得なトライアルキット特設HP
>>>etvos モイストバリアケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA