~美肌を育てる正しいスキンケア方法とコスメの効果・口コミをご紹介~

menu

Maman's 美肌を育てるコスメ

超シンプルで素材にこだわった無添加化粧品AJPは、あれこれ入ったスキンケアに疲れた人におすすめ

今回は、扱っているアイテムはたったの3つ。原材料にだわっている完全無添加化粧品のAJPさんの商品をモニターさせていただいたのでご紹介します。

肌の健康を考えた会社の化粧品は、アイテムが少なかったり、アイテムは豊富でも合うものだけを厳選して選ぶことをすすめてくれる会社が多いので、もしかしたら良いコスメかも。と思って使ってみましたよ。

厳選アイテム?肌に本当に必要なものだけ?たった3つのアイテム

AJPで販売されている化粧品は、たった3つです。全成分表示はびっくりするほどシンプルで、流行りの機能性化粧品とは真逆の路線の化粧品ですが、化学物質が最強だと思っていた私も、自然の力はすごいと思う今日この頃。興味が湧いたのでモニターしてみました。

後から1つ1つのアイテムをご紹介していきますが、全成分表示は1つか2つしかないです(笑)ほぼ、素材そのままですよね。

1つめ、酸素化粧水

AJP 酸素化粧水

2つめ、マカダミアナッツオイル
マカダミアナッツオイル

3つめ、ワイルドシルクパウダー。アイテムはこれだけ。
AJP ワイルドシルクパウダー

私の普段のスキンケアは、化粧水+油分少量で終了しています。私のスキンケア的にはぴったりなアイテム構成。シンプルスキンケアは、素肌力が衰えているので何とかしたい方におすすめですよ。

コスメジプシーだった私が、素肌で潤う力を手に入れたスキンケア方法はこちら
>>>私の基本のスキンケア

冬の乾燥でも化粧崩れが起こりにくいワイルドシルクパウダー

シルクパウダーをスキンケアやメイクで愛用している方は多いですね。シルクにアレルギーがなければ、1つは持っていても良いアイテムだと思います(*^_^*)

シルクパウダーは、これ1つで色々な使い方ができます。

●皮脂が出やすい夏場にスキンケアの仕上げに使う
●化粧水に混ぜてサラサラに仕上げる
●オイルなどに混ぜてマッサージに使う
●乾燥しにくく滑りの良い肌になるため、下地として使う
●光の散乱作用で肌が綺麗に見えるので、フィニッシングパウダーとしても使う
●日焼け止めパウダーとして使う
●デオドラントパウダーとして使う

少ないアイテムで肌負担の軽いものをチョイスしたい方にはおすすめですよ。

AJPのワイルドシルクパウダーは、メイク用というよりは、スキンケア用なのかな?色味がちょっとグレーっぽいのが気になったのですがフィニッシングパウダーとして使ってみました。

私は、クリーミィタップミネラルファンデーションの上に重ねて使ったのですが、つけたては、ワイルドシルクパウダーそのままの色がなんとなく出てきになります。そのうち馴染んでつけたてほど気にならなくなりました。
etvos クリーミィタップミネラルファンデーション

ふわふわとしたきめ細かい粉で、乾燥感を感じにくく、付け心地が良いです。肌のキメも細かくなりますよ~。触るとしっとりしています。
AJP ワイルドシルクパウダー

一番驚いたのは、オフィスの乾燥で昼ごろになると乾燥崩れが気になることも増えてきましたが、ワイルドシルクパウダーだと乾燥しにくく、潤った肌のふわふわ感が継続しやすくなることです。

ミネラルファンデーションは、乾燥感を否めない部分もありますが、シルクを使うとバランスが良くなる気がします。

肌の潤いバランスが整うからか、必然的に乾燥崩れも出にくくなります。ただ、メイク用に作られたお粉のようにルース感が高かったりはしないので、メイク用品としては好みは割れるかな。

個人的には、肌の調子が悪い時は、見た目よりも肌負担を優先したい派なので、メイク用品としてもワイルドシルクパウダーおすすめですよ。こまめにお肌を回復させてあげた方が、肌が急激もしくは長期的に悪化するのを防げますよ(*^_^*)

こだわりの野蚕が原材料のワイルドシルクパウダー

シルクパウダーはミネラルメイクブランドでも扱っている会社も沢山ありますが、AJPのワイルドシルクパウダーはふわふわ感としっとり感が強いように感じます。
AJP ワイルドシルクパウダー

全成分は、超シンプルなシルクパウダー100%。

AJPのワイルドシルクパウダーの特徴は野蚕を使っているところです。厳しい自然環境下に置かれた野蚕は、絹糸が太く、紫外線や乾燥などから自らを守るための力も高いとか。これが肌につけたときの心地よさの理由なのかもしれませんね。

扱っているアイテムはごく少量でシンプルですが、素材にこだわったアイテムです。

付属のパフは、薄くてスポンジっぽい手触り

パフが付属で付いていますが、ふわふわ肉厚なパフではなく、薄いスポンジっぽいパフです。
AJP ワイルドシルクパウダー

細かな起毛があるので、スポンジではないのですが(笑)個人的には、もうちょっと肉厚でパフパフ出来るものがお好みです。

まとめ

ワイルドシルクパウダーそのものは、個人的には野蚕であることが凄く気になりました。野蚕だからしっとり感が強いのかなぁ?と。。。

紫外線防止効果も家蚕よりも強いらしいので、メイクはしたくないけど、洗濯物を干すときにちょっと使う。ということもできますよね。

今の時期は、乾燥しやすいメイクの下地やフィニッシングパウダー。ちょっとしたお出かけの日焼止めパウダーとして使うのがおすすめです。肌休めとして使うにも適したアイテムですよ~。

今回は、ワイルドシルクパウダーについて詳しくご紹介しましたが、続けてマカダミアナッツオイルと酸素化粧水もご紹介していきますね。

>>>~完全無添加~自然派化粧品のAJP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA